86用Newオリジナルパーツのご紹介♪
昨日からスタートしたチューハチ(中国仕様86)号の組み立て作業。

150722-01

順調に進んでおります♪(^^)v

その間Yuは、現在修理中のATOM号K20A S/C仕様エンジンのピストン重量合わせ。

150722-02

電子ばかりを使用して0.1g単位で合わせていく・・・

150722-03

・・・つもりですが、あまり削り過ぎると強度の問題が発生しますので、ある程度・・・で合わせます。

基本的にピストンの設計時には無かったであろう部分(刻印やパーティングラインなど)を削ることで合せていきますが、それ以上削らなければいけない場合は・・・

素直に諦めます♪(笑)

よくピストンピン下をガッツリと削ってしまうのを見ますが、GTOではこの部分の強度は重要と考えている為、ある程度しか削りません。

ピストン頭部で受けた爆発エネルギーはピストンピンを通してコンロッドに伝えられますので・・・

重量は合わせたけど強度が落ちた・・・な〜んて本末転倒ですよね♪

もちろん、重量合わせも重要ですが、それ以上に強度を重視したエンジン造りを目指しておりますっ!!

・・・と、言う訳で今回は差が1g以内になるようにし、それ以上の調整は"諦め"ました。

人間、諦めも肝心です♪(^^)v

さて、話は変わってコチラ♪

150722-04

昨日チラッと話がでましたが、86用Newオリジナルパーツ(まだ候補ですが・・・)、強化フロントサスペンションメンバーで〜すっ!!

150722-05

フロントは板材・パイプ材併せて10ヶ所の補強を施しております。

150722-06

そして、コチラは昨日ブッシュを入れていたリア。

150722-07

リアは16ヶ所の補強が入っております。

150722-08

リアサスペンションメンバー最大のポイントはコチラ♪

150722-09

キャンバー調整ブラケット加工済み〜っ!!(もちろん調整ボルト付♪)

86のリアサスペンションはノーマルのアームではキャンバー調整が効かないので、コイツで調整式にしてあげます♪

調整式ロアアームを買えば可能なのですが、アーム長が左右で違う・・・ってのも気持ち悪いでしょ♪

おススメです♪

って、まだ販売してませんけどね。。。

すでに実戦投入済みなので、すぐにでも商品化出来るのですが・・・

問題はコスト・・・です。

定価、いくらにしましょ〜かねぇ!?
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
PROFILE
つなビィ
MOBILE
qrcode
LINK



無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村 車ブログ 走り屋(車)へ

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.